おせち料理に込められた願い、いくつ言える?

数の子、栗きんとん、伊達巻、紅白なます、お煮しめ。さて、あなたが好きなおせち料理は何ですか?

2493a631 d072 421e 8160 112faf7ba84d

おせち料理は新年最初の日に食べるおめでたい伝統食であり、漢字では「御節料理」と書きます。その起源は古く、平安時代にまで遡ります。季節の変わり目のお祝いである「節日(せつにち)」に神様に供えた後、皆に振る舞われたごちそうが「御節供(おせちく)」と呼ばれるようになり、やがて江戸時代には庶民の間で正月料理として定着するようになりました。

重箱に詰められた料理や素材にそれぞれきちんと意味があることは皆さんご存知でしょう。本来は四・五段重が正式ですが、ここでは現在では一般的となった三段重の中身と由来についてご紹介していきます。

●一の重……「祝い肴(ざかな)」「口取り」

「祝い肴」はお屠蘇を酌み交わすときの付け合わせの肴3種のこと。一般的には数の子、黒豆、田作りを指します。卵が多い数の子は子宝に恵まれるよう、黒豆は「まめ」に働き暮らせることを、田作りは豊作への願いがそれぞれ込められています。 「口取り」は子どもたちが大好きな甘みをきかせた料理のこと。栗きんとんの黄金色は財や富の現し、巻物=書物の形に見立てた伊達巻は学業成就を意味します。

●二の重……「酢の物」「焼き物」

めでたさの象徴で平和を祈願する紅白なます、長寿を願ってのちょろぎ(長老木)、穴が開いている=将来の見通しがよい酢れんこんなど、二の重は本来「酢の物」のみを盛るのが正式な作法でしたが、現在ではいわゆるごちそう的な魚介の「焼き物」が加わるように。祝い事の象徴である鯛や出世魚のブリが食べられます。

●三の重……「煮物」

三の重には筑前煮やお煮しめ、うま煮などが盛られますが、これらの具材ひとつひとつにももちろんちゃんと意味があります。里芋は小芋がたくさん付くことから子宝祈願を込めて、天に向かってすくすく伸びる筍は子どもの成長や立身出世を、昆布巻きは「よろこぶ」にかけて不老長寿を願ってのこと。

色味、語呂合わせ、食材の成り立ちに至るまで、さまざまな角度から「めでたさ」と結びつけられたおせち料理。それぞれの料理に込められた願いをしっかり噛み締めながら、良い元旦をお過ごしください。

おすすめのレシピ

和風ローストビーフ

野崎 洋光

377kcal / 50分
簡単に作れるのに迫力&食べごたえ満点!ホームパーティーにぴったりな主役級メニューです。香味野菜入りの和風だれやさっぱりまろやかな黄身おろしを添えるので、年輩の方のお口にも合いますよ。
だしいらずの筑前煮

野崎 洋光

390kcal / 30分
たっぷり加えた根菜や鶏肉からうまみがどんどんしみ出てくるので、だしは必要ありません。すっきり上品な味に仕上げるために、素材はサッと湯通しておくのを忘れずに。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。