甘酒は「飲む点滴」!? その驚きの美容効果とは?

日本ならではの冬のホットドリンクといえば甘酒。まろやかで濃厚な甘みで昔から女性に人気ですが、ここ数年はその栄養価&美容効果の高さでも注目を集めています。

7ddf2d3e b2e9 4c67 9437 b7b4c8a00b73

甘酒の主成分はお米と麹のみ。納豆や味噌、ヨーグルトと同じように、発酵を利用して作る伝統的な自然飲料ですが、なんとその成分は病院の点滴とほぼ同じ。生物の重要なエネルギー物質のブドウ糖をはじめ、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖、ビタミンB1、B2、B6といった美肌づくりに欠かせないビタミンB群、そして血液や筋肉、骨の形成に欠かせない天然の必須アミノなど、さまざまな栄養素が種類豊富に含まれている甘酒はまさに「飲む点滴」。さらに、肌荒れや便秘などの悩みも解消してくれる嬉しい効果も期待できます。お湯で割って飲むのが一般的ですが、実は乳製品とも相性抜群。牛乳で割ったり、ヨーグルトにかけたり、ミルクティーに少し加えても。また、バナナや牛乳と合わせてスムージーにしてもおいしくいただけます。

名前から誤解されがちですが、伝統的の甘酒はノンアルコール、ノンシュガー。しっかり濃厚な甘さは砂糖ではなく、米麹に由来します。マクロビオティックでは砂糖の代わりの甘味料として甘酒を使うレシピもあるほど。ただし、缶入り飲料などの市販品は酒粕を薄めて砂糖を添加したものがほとんどなので、購入時は成分をよく確認してくださいね。

また、最近では自然派食品店などで「玄米甘酒」を見かけたという人も多いのではないでしょうか? 玄米麹を発酵させて作る玄米甘酒は、白米から除去している食物繊維やビタミン、ミネラルなどが普通の甘酒以上にぎっしり詰まっています。白米よりGI値も低いので消化吸収も緩やか。肝臓への負担が気になる人には玄米甘酒をおすすめします。

ちなみに、江戸時代の甘酒は夏の風物詩として庶民に人気だったそうです。暑い時期の夏バテを防止する滋養強壮の飲み物として、冷やし甘酒が売られていたのだとか。現在では冬の飲み物として認識されている甘酒ですが、実はオールシーズン楽しめる栄養ドリンクだったのですね。

おすすめのレシピ

甘酒焼酎

藤井 香江

182kcal / 10分
栄養たっぷりの甘酒に焼酎を組み合わせたホットドリンクです。豆乳でまろやかに仕上げているので、焼酎が苦手な人でもおいしくいただけそう。おやすみ前のナイト・キャップとしてもおすすめです。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。