冬の大定番! 鍋料理のルーツと歴史

体をあたためてくれる鍋料理は冬の至福。寒さの厳しい地方には郷土食豊かなおいしい鍋料理がたくさんあります。今回は北海道・東北の代表的な鍋料理をご紹介します。

F5412e47 3945 4a60 b047 4e410000e8e7

鮭が主役! 味噌仕立ての北海道名物「石狩鍋」

冬の北海道を代表する郷土料理といえば「石狩鍋」。鮭の身や骨などのアラとキャベツなどの野菜類を味噌で煮込むこの鍋の発祥地は、もちろん鮭漁が盛んだった石狩川の近く。鮭の生臭さを消すために最後に山椒をかけるのが本場流ですが、仕上げにバターやおろしニンニクを入れると一層深いコクが楽しめます。

味の決め手はセリの根! 秋田名物「きりたんぽ鍋」

米どころ秋田の名物といえばきりたんぽは、もともとは木こりたちがご飯を半練り状にして秋田杉の串に巻き付けて焼いて食べたのが始まり。鶏肉や糸こんにゃく、野菜、舞茸などを入れて醤油仕立てにするのが一般的ですが、地元民いわく「セリを根っこまで使うのが美味しさの秘訣」だとか。近年では同じく秋田名物の比内地鶏のスープで煮込むきりたんぽ鍋が観光客には人気だそうです。

仙台味噌でまろやかに仕上げた宮城名物「牡蠣鍋」

生食用牡蠣の生産量は全国一。牡蠣の産地として有名な宮城県の冬は、牡蠣鍋の季節でもあります。鍋の主役はもちろん、小ぶりながらも身が締まったぷりぷりの牡蠣。辛口の赤味噌である名物・仙台味噌を鍋の縁に土手のように塗りつけ、具材とだし汁を入れて味噌を溶かしながら煮ていただきます。牡蠣は身がぷっくりしてきたら食べごろです。

つるんとした喉越しにハマる 岩手名物「ひっつみ鍋」

「ひっつみ」とは練った小麦粉を固めて平たい団子状にしたもの。「引っ摘む」から転じた方言で、手でひっつまんで鍋に入れ、野菜や山菜、山海の幸を醤油仕立ての汁で煮込んだ岩手の鍋料理です。つるんと滑らかな喉越しと食感はワンタンに近く、具材から出る旨味をたっぷりと吸ったひっつみは絶品です。

日本全国、鍋料理はたくさんありますが、寒い地方ならではの知恵と自然の恵みをふんだんに使った郷土鍋のおいしさは格別。この冬、ぜひお試しください。

おすすめのレシピ

石狩鍋

笠原 将弘

432kcal / 25分
笠原シェフとっておきの石狩鍋レシピ。具材を味噌としょうゆを使っただしで煮て、最後にすりごまとバターを加えてこってり濃厚な味わいに。黒こしょうが味のアクセントです。身体がポカポカになることうけあい!
牡蠣の土手鍋風

小林 まさみ

360kcal / 40分
「土手鍋」は、鍋の内側に味噌を塗りつけ、牡蠣、豆腐や野菜を煮ながら食べる広島県の郷土料理。煮込むほどに味噌が香ばしく煮詰まり、食べながら味の変化を楽しめます。みんなで囲んでアツアツを召し上がれ。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。