伊達巻のルーツはロールケーキだった?

くるりと巻かれた「の」の字の断面が、なんともいえない愛らしさ。ケーキを巻く(roll)からロールケーキと、シンプルな名前の由来を持つロールケーキ。最近のスイーツだと思われがちですが、実は日本にロールケーキが登場したのは江戸時代。カステラと同じく、ポルトガルから長崎に伝わったといわれています。

7266ad17 40ca 4818 98f0 8b8577ed7a94

一六タルトも伊達巻もロールケーキが元祖?

長崎に伝わってきたロールケーキは、カステラ生地にジャムを塗って巻いた素朴なお菓子でした。これに目をつけたのが愛媛・松山藩主の松平定行。当時、長崎探題職を兼務していた彼はロールケーキのおいしさに感激。その製法を松山に持ち帰り、ジャムの代わりに餡を入れた独自のあん入りタルトを考案します。こうして誕生したのが、現在も松山の銘菓として有名な「一六タルト」です。

また、お正月のおせち料理に欠かせない伊達巻も、ロールケーキの発展形と考えられています。かつては「カステラかまぼこ」と呼ばれていた伊達巻は、明らかにロールケーキの技法に影響を受けた作られたもの。白身魚のすり身などを卵とあわせ、みりんや砂糖で甘く味付けしたカステラかまぼこは、長崎から江戸にも伝わったのち、そのモダンな佇まいが江戸っ子にも大ヒット。「伊達(おしゃれ、格好いいの意味)な巻物」という意で「伊達巻」と名づけられました。

昭和30年代に「スイスロール」が大ヒット

お菓子としてのロールケーキが全国区の人気者になったのは、昭和30年代。山崎製パンが「スイスロール」と名付けた商品が、一般家庭のおやつとして大ヒットしたのです。薄く焼いたスポンジケーキの片面にジャムやバニラクリームなどを塗ったスイスロールは、子どもたちに大人気。今でも愛され続けているロングセラーお菓子です。

さまざまな形に変化しながら、長く愛され続けてきたロールケーキ。どこか懐かしさが漂うレトロな味わい、今度は家庭でも作ってみませんか?

参考文献:『おいしいスイーツの事典』成美堂出版

おすすめのレシピ

フルーツロールケーキ

辻口 博啓

338kcal / 50分
ロールケーキブームの火付け役、辻口シェフが教えるとっておきのレシピ。卵をしっかり泡立てることでふわふわ&しっとりの口当たりに。生クリームは乳脂肪分の違う2種類を混ぜると、味にコクとキレが生まれます。
メッセージロールケーキ

飯田 順子

419kcal / 70分
色付きの生地でオリジナルメッセージやイラストが描ける、華やかなロールケーキ。誕生日や記念日にぴったりです。生地をきれいにロールするポイントもていねいに紹介しているので、ぜひチェックしてください。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。