ウイスキーの琥珀色は税金がきっかけで生まれた!?

ウイスキーといえば、あの美しい琥珀色と独特の香りが特徴ですね。NHKの朝ドラ『マッサン』の影響で香り高いシングルモルトウイスキーが好きになったという人もいるのではないでしょうか。

9449ba9e b3fa 437d a900 02c0c2ab148c

ウイスキーは中世ヨーロッパで錬金術師たちがさまざまな実験をする過程で偶然作り出されたとされています。その誕生から18世紀後半まで、実はウイスキーは無色透明でこれといった香りもないアルコール飲料だったのです。それが変わったのが18世紀のスコットランドです。1707年にスコットランドはイングランドに併合されます。そして、財政難に苦しんでいたイングランドは、スコットランドで盛んに作られていたウイスキーの増税を決定。なんと、それまでの15倍という強烈な増税でした。当然、スコットランドでウイスキーを作っていた人びとは怒りました。イングランド政府に対する反感はこれでもかというほど高まったことでしょう。そんな税金払ってられるかということで、ウイスキー業者は人目のつかない山奥でウイスキーの密造を始めました。山の中なのでウイスキーを蒸留するための燃料にはピート(泥炭)を使い、できたウイスキーをシェリー酒の空樽に詰めて隠すようになったのですが、こうしてひっそりと密造したウイスキーの樽を町に運んで開けてみると、誰もがビックリ。無色透明、香りなしだったウイスキーに、樽の色と香り、そしてピートの風味が移ったことで、現在のような琥珀色であの芳醇な香りがする液体に変化していたのです。

皮肉なことに密造されたウイスキーはちゃんと税金を払った正規業者のウイスキーと比べて、味も香りも圧倒的に凌駕しており、当時のイングランド国王ジョージ4世までも密造ウイスキーを愛飲していたそうです。ちなみに、その銘柄が現在でも人気のスコッチ・ウイスキー「ザ・グレンリベット」。結局、国王が密造酒を飲むことがあってはならないということでイングランドはウイスキーの税率を下げ、政府公認のウイスキー蒸留所が次々と誕生していきました。世界中で愛されるウイスキーの味わいは、増税がもたらした思わぬ恩恵だったのです。

おすすめのレシピ

イタリアンチョコレートケーキ

日髙 良実

268kcal / 60分
日高シェフがトスカーナで出会ったおばあちゃんに教わったケーキ。材料も手順もシンプルなので、初心者でも失敗なく作れます。焼きたてはもちろん、冷めてから生クリームを添えて食べるのもおすすめ。
ラム酒トリュフ

辻口 博啓

189kcal / 15分
ラム酒を加えて風味よく仕上げた大人味のトリュフです。チョコレートはカカオ分の異なる2種類を組み合わせることで、味に奥行きが生まれます。ラム酒を加えたら、生地全体につやが出るまでしっかり混ぜましょう。
生チョコ

飯田 順子

310kcal / 80分
材料を混ぜるだけで作れる手軽なスイーツ。熱した生クリームと水あめを加えてやわらかく固めることで、繊細な口溶けに仕上がります。水あめがなければはちみつでも代用できます。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。