カレーライスにトンカツを。がっつりコンボの発祥は?

カレーのルウがたっぷりとかかった揚げたてのトンカツ。ご飯と一緒に口に含んだときのスパイシーなカレーとさっくりとしたカツの食感、ボリューミーな味わいはまさに相性抜群ですね。カレーライスもトンカツもそれぞれ独立して昔から愛されてきた食べ物ですが、このふたつを一緒にしてしまうという大胆な発想の“カツカレー”を最初に作ったのは誰だったのでしょうか?

2d6109fd 3579 443c 9c8d d9ed7fb116a1

初めてカツカレーという食べ物をメニューに加えたのは、東京・銀座の老舗洋食店「グリル スイス」だとされています。1947年に創業した同店は、より多くの人に食べてもらえる洋食店を目指し、幅広い層のお客さんから人気を集めていたそうです。そんな同店の常連客のひとりに巨人軍に在籍していた千葉茂選手がいました。千葉選手はこの店のカレーライスが大好物で、同じプロ野球選手や友人を連れて来店することも多かったとか。そんなある日、いつものカレーだけではもの足りず、店主に「カレーにトンカツを乗せてほしい」とリクエスト。千葉選手はこれを大変に気に入って、定番メニューとして来店する度に注文するようになったのです。これをきっかけに店主が「カツカレー」をメニューに加えたところ、大人気となりました。これが1948年の出来事。カツカレーはあっという間に全国的に広がり、トンカツはカレーライスのトッピングする具としてすっかりお馴染みのものとなりました。現在でも「グリル スイス」には「千葉さんのカツレツカレー」「元祖カツカレー」「ヒレカツカレー」など数種類のカツカレー系メニューがあり、カツカレーは同店の看板メニューのひとつになっています。

おすすめのレシピ

金沢カレー

東京カリ~番長

1037kcal / 50分
茶褐色のカレーソースにトンカツがトッピングされる一般的な金沢カレースタイル。玉ねぎをしっかり炒めることで香ばしさと深みのある味わいが生まれます。濃厚なソースととんかつの相性がよく、ごはんが進む味です
ソースカツカレー

東京カリ~番長

1121kcal / 70分
福井県のソウルフード「ソースカツ丼」とカレーのコラボメニュー。ウスターソースの材料となるアイテムを織り交ぜてベースのソースを作り、ルウを加えることでほのかに甘酸っぱさを感じるカレーソースに仕上がります

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。