今日はこどもの日! 端午の節句とちまきの関係

34b9b6de 7ea4 4f3d 9974 864d8307953b

柏餅だけじゃない、端午の節句に食べるもの

5月5日は「こどもの日」。端午の節句ですね。この日に食べるものといってまず思い浮かぶのは「柏(かしわ)餅」でしょう。しかし、関西地方ではこの日に柏餅だけではなく「ちまき」を食べることも定番になっています。柏餅が普及したのは江戸時代といわれていますが、「ちまき」は奈良~平安時代に中国から伝来したもので、実は「ちまき」のほうが歴史が古いのです。それは「端午の節句」のルーツとなるエピソードとも関わりがあるものでした。

ちまきはいつ生まれた?

今から2300年以上も昔。中国の春秋戦国時代の楚(そ)の国に屈原(くつげん)という詩人がいました。屈原は国王の側近として仕えて多くの人びとから慕われて信望を集めていましたが、陰謀によって失脚して国を追われてしまいます。屈原は国の行く末を心配しながら入水自殺し、人びとはその死を悼んで川に供え物としてもち米を投げ入れました。屈原が死んだのは5月5日。以来、この日は屈原のとむらいとして川に供え物を投じることが風習となったのです。しかし、ある日、屈原の幽霊が現れて「せっかくのお供え物が悪い龍に取られてしまう。だからお供え物は龍が苦手な煉樹(れんじゅ)の葉で包んで邪気を払う青、赤、黄、白、黒の5色の糸で縛って欲しい」と訴えました。その通りにしたところ、お供え物は無事に屈原のもとに届くようになったということです。これが「ちまき」と端午の節句の起源とされ、中国では5月5日に病気や災厄を避けるために、「ちまき」を親戚や知人に配るという風習が生まれました。

この風習が日本に伝わり、当時の都があった近畿地方を中心に広まっていきました。日本ではもち米を巻くのに茅(ちがや)の葉を使っていたために「ちまき」と呼ばれるようになったということです。そして、「ちまき」を巻いた5色の糸は鯉のぼりの「吹き流し」にもなりました。今日はそんなルーツに思いを馳せつつ、美味しい「ちまき」を味わってみてはいかがでしょうか。

おすすめのレシピ

子どもの日にぴったり!鯉のぼり寿司

尾身 奈美枝

391kcal / 25分
ちらしずしを鯉のぼりのように盛りつけて、こどもの日にぴったりのごちそうにアレンジします。鯉の形は牛乳パックを使って簡単に成形。鱗に見立てた具材は、お子さんと一緒に盛りつけると楽しさがアップします♪
子どもが大喜び!プカプカフルーツ寒天

フルタニ マサエ

139kcal / 20分
ホームパーティーにぴったり!フルーツたっぷりの寒天を氷水に浮かべた、楽しいデザートです。寒天は丸い形に仕上げるために、水に浮かべて固めるのがコツ。常温でどんどん固まり始めるので、作業は手早く行って。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。