体にいい「抗酸化作用」。そもそも何のこと?

871e8bae c4ba 4915 b4ac 300c83801296

体内は常に酸化が進んでいる…

健康にいいとされている食品やサプリには効能として“抗酸化作用がある”というものが数多くあります。抗酸化というからには、酸化を防ぐということ。酸化という現象は簡単にいうと、何らかの物質が酸素と結びつくことによって変化することです。鉄が錆びたり、切った果物や野菜が茶色に変色したりするのも、酸化によるものです。人間の体が錆びたり変色したりすることはありませんが、常に体内で酸化は進んでいます。

酸化するとどうなるの?

そもそも人間が酸素を吸うのは、体内の栄養分を分解してエネルギーを作り出すために酸素が必要だからです。その過程で吸った酸素の1~2%が体内で利用されずに酸化力の強い活性酸素に変化します。この活性酸素はウイルスや細菌を排除するという健康を維持するために役立つ作用を持っていますが、過剰に活性酸素が発生すると、体内のタンパク質や脂質、DNAなどの酸化を早めてしまいます。その結果、老化や細胞のがん化が進んだり、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を引き起こしたりするのです。

抗酸化作用でサビない体を!

“抗酸化作用”とは、この活性酸素を無害化する作用のことです。だから、抗酸化作用のある食品は健康にいいとされているのですね。抗酸化作用のある物質としては、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、亜鉛、イソフラボン、セサミンなど、数多くのものがあります。このような抗酸化物質には、ビタミンCが水溶性でβカロテンやビタミンEが脂質性であるように、性質に違いがあります。活性酵素は体内のさまざまな場所で発生するので、抗酸化物質は複数の種類を一緒に摂取することで、相乗的に効果が高まります。健康の維持と向上のためにも、なるべく意識して抗酸化物質が多く含まれている食品を食べるようにしましょう。

おすすめのレシピ

トマトの抗酸化スムージー

本田 祥子

31kcal / 5分
高リコピントマトを使ったスムージーは、体内の酸化を防ぎ、若返りの効果も期待できます。ミキサーにかけると素材の細胞が細かくなるので吸収率もアップ! 普通のトマトを使う場合は、真っ赤なものを選びましょう。
にんじんとパイナップルのスムージー

藤井 香江

89kcal / 10分
鮮やかなオレンジ色がおいしそうなスムージー。パイナップルの爽やかな酸味と甘みで、にんじん独特のにおいがウソのように気にならなくなります。にんじんが苦手な人にもぜひ味わってほしい一杯。
基本のグリーンスムージー

藤井 香江

103kcal / 10分
通年手に入る野菜と果物を使った、毎日飲めるスムージー。ミキサーへ具材を入れる時は、柔らかく果汁が多いものから入れるとスムーズです。葉野菜は最後に加えることで、独特の苦みを抑えることができます。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。