アプリダウンロード

白身魚の香港風炒飯

  • 798 kcal
  • 25 分
  • 中級

一見シンプルな炒飯ですが、食べると奥深い味に感動!味の決め手は、下味をつけてこんがりと揚げ焼きにした白身魚。さらに炒める油もひと工夫して香りよく仕上げます。手間をかける価値のあるスペシャルな一品です。

材料白身魚の香港風炒飯2人分

  • ごはん丼 2 杯分 (400g)
  • 鶏もも肉40 g
  • たら1 切れ (80g)
  • 2 個
  • レタス1 枚
  • 長ねぎ1/2 本
  • ナンプラー大さじ 1
  • 適量
  • こしょう適量
  • サラダ油適量
  • [A]片栗粉小さじ 1/2
  • [A]水小さじ 1/2
  • [B]ナンプラー小さじ 2

作り方白身魚の香港風炒飯

1

【下準備】鶏肉とたら(他の白身魚でも代用可)は5㎜角に切る。レタスは細切りにする。長ねぎは、青い部分はざく切りにし、白い部分はみじん切りにする。Aを混ぜ合わせて水溶き片栗粉を作る。

2

ねぎ油を作る。フライパンにサラダ油大さじ4と長ねぎの青い部分を入れ、弱火にかける。あまりさわらずじっくり加熱し、長ねぎがこんがりと色付いたら、ざるなどでこす。

3

小さめのボウルに鶏肉を入れ、塩ひとつまみ、こしょう少々、Aを順にもみ込む。別のボウルにたらを入れ、ナンプラーをもみ込む。どちらもそのまま20分ほどおいて味をなじませる。

4

たらを耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジで1分加熱する。フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、汁けをきったたらをじっくりと揚げ焼きにする。たらがカリカリになってこんがりと色付いたら、3の鶏肉を加えてサッと炒める。鶏肉に火が通ったら、まとめてバットなどに取り出す。

5

ここからは1人分ずつ仕上げる。4と同じフライパンに2のねぎ油の半量を入れて強火にかける。油から煙がたつくらいまで熱したら、溶いた卵1個分を流し入れ、お玉の背で2~3回混ぜたらすぐに熱々のごはんを加える、お玉の背でごはんをほぐしながら炒め、塩ひとつまみ、こしょう少々を加えてサッと炒める。4、レタス、みじん切りにした長ねぎの各半量を加えてサッと炒める。最後にBのナンプラーの半量を加えて混ぜる。これをもう一度繰り返す。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。