甘辛ツナポテトの韓国風のり巻き

  • 487 kcal
  • 25 分
  • 中級

ごま油をきかせたごはんで作る韓国風のり巻き。甘辛く煮たツナポテト、卵、ほうれん草を具に使い、お子様も大好きな味に仕上げます。見た目も華やかで冷めてもおいしいので、行楽シーズンのお弁当にもおすすめ。

材料甘辛ツナポテトの韓国風のり巻き2人分

  • ほうれん草1/4 束
  • ごはん1 合分
  • ツナ缶小 1 缶 (80g)
  • じゃがいも1 個
  • 1 個
  • 焼き海苔全形 2 枚
  • サラダ油少々
  • [A]塩小さじ 1/2
  • [A]ごま油小さじ 1
  • [A]白いりごま小さじ 1
  • [B]塩少々
  • [B]ごま油少々
  • [B]白すりごま小さじ 1/2
  • [C]みりん大さじ 1
  • [C]しょうゆ大さじ 1/2
  • [D]塩ひとつまみ
  • [D]きび砂糖ひとつまみ
アプリダウンロード

作り方甘辛ツナポテトの韓国風のり巻き

1

【下準備】ほうれん草は固めに茹でて冷水にとり、水けをしっかりしぼり、4㎝長さに切る。じゃがいもは5㎜角に切り、耐熱のボウルに入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで2分ほど加熱する。

2

ボウルに熱々のごはんを入れ、塩、ごま油、白いりごまを加えてしゃもじで切るように混ぜ合わせる。

3

ほうれん草にBをまぶして下味をつける。

4

小鍋にじゃがいも、軽く缶汁をきったツナ、Cを入れて中火にかける。汁けがなくなるまでときどき混ぜながら煮詰め、火を止めて粗熱をとる。

5

小さめのボウルに卵を割り入れ、Dを加えてフォークで白身のこしを切るように混ぜる。フライパンにサラダ油を熱し、卵液を一度に流し入れ、フォークで手早く混ぜて半熟状の炒り卵にする。

6

まきすの上に焼き海苔をのせ、2のごはんの半量を手で薄く広げる。巻き終わりの1㎝はごはんをのせずに残しておく。ごはんの手前部分に4のツナポテト、5の炒り卵、3のほうれん草の各半量を横長になるようにのせ、まきすごと手前から巻く。まきすの上から軽く押さえて形をととのえたら、まきすを外し、そのまま5分ほどおいてごはんと具をなじませる。これをもう1本作る。好みの幅に切り分けて器に盛る。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。