ガパオライスていねい

  • 793 kcal
  • 30 分
  • 初級

「ガパオ」は、東南アジアのバジルの一種。スーパーで手に入る生バジルで、現地風のガパオライスを作りましょう。挽き肉ではなく、鶏もも肉を刻んで炒めるのがおいしさの秘訣!今すぐ食べたい、アジアごはんです。

材料ガパオライス2人分

  • 鶏もも肉1 枚 (250g)
  • 赤パプリカ1/2 個
  • バジルの葉20 g
  • にんにく1 片
  • 赤唐辛子(たかのつめ)1 本 (好みで調整)
  • 適量
  • こしょう適量
  • 2 個
  • サラダ油大さじ 2
  • ごはん茶碗 2 杯分
  • [A]オイスターソース小さじ 2
  • [A]レモン汁大さじ 1
  • [A]砂糖小さじ 1/2
アプリダウンロード

下ごしらえガパオライス

赤唐辛子はヘタと種を取り除く。

作り方ガパオライス

1

パプリカは半分に切ってヘタと種を取り除き、食べやすい大きさに切る。短冊切りにしてからななめに包丁を入れ、菱形にすると見栄えがよい。バジルは茎の部分は使わず、葉だけを摘みとっておく。にんにくは粗みじん切りにする。

2

鶏肉は黄色い脂肪を取り除き、皮を上にして小さめの一口大に切る。バットに入れ、塩、こしょうを軽くふり下味をつける。

3

ボウルにAを入れ、砂糖が溶けるまでよく混ぜる。

4

フライパンにサラダ油を入れ、中火にかける。しっかりと油が熱したら卵を割入れ、蓋をする。白身が固まり、黄身が半熟状になったらバットなどに取り出す。

5

4のフライパンに、にんにく、手でちぎった赤唐辛子を入れ、弱めの中火にかける。にんにくの香りがたったら2を加え、焼き付けるようにこんがりと炒める。

6

鶏肉の色が変わったら、3の合わせ調味料を加えて炒める。パプリカを加え、油が回ってツヤが出たら塩、こしょうで味をととのえる。バジルを加えて火を止め、ひと混ぜする。

7

皿にごはんを盛り、6をかけて4の目玉焼きを添える。

おいしさのポイント

鶏肉はあらかじめ下味をつけて味をなじませ、ごはんに合う仕上がりに!

鶏肉にほどよく焦げ目をつけると、香ばしさがアップ!

バジルなど、ハーブ類は火を止めてから加えると香りがよい!

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。