アプリダウンロード

本格!彩りばらちらしていねい

  • 539 kcal
  • 25 分
  • 中級

豪華で華やかなばらちらしは、ほめられレシピの代表格。工程は多いですが、ひとつひとつの手順は簡単なのでぜひトライしてください。仕上がりにぐっと差がつく、笠原流盛り付けテクニックも必見!

材料本格!彩りばらちらし4人分

  • サーモン1/2 サク (刺身用,100g)
  • 1 サク (刺身用,100g)
  • うなぎのかば焼き1/2 枚
  • 殻付きえび8 尾
  • 絹さや12 枚
  • ごはん茶碗 4 杯分
  • 適量
  • 砂糖適量
  • サラダ油小さじ 1
  • 大さじ 1
  • 白いりごま大さじ 1
  • [A]米酢大さじ 5
  • [A]砂糖大さじ 2
  • [A]塩小さじ 2
  • [B]卵2 個
  • [B]砂糖大さじ 1
  • [B]薄口しょうゆ小さじ 1/2
  • [C]しょうゆ大さじ 1
  • [C]みりん大さじ 1/2
  • [C]わさび少々

作り方本格!彩りばらちらし

1

絹さやは筋を取る。鍋に湯を沸かし、塩を加え(ほんのり塩味を感じる程度が目安)、絹さやを30~40秒茹でる。ざるに上げて湯をきり、熱いうちに塩、砂糖各少々をふる。粗熱がとれたらななめ半分に切る。

2

えびは殻付きのまま竹串で背わたを取る。1と同じ湯に塩を足し(しっかり塩味を感じる程度が目安)、沸騰したらえびを入れる。軽く沸き立つくらいの火加減で2分ほど茹で、湯から上げる。そのまま粗熱をとり、殻をむいて2等分に切る。

3

Bの材料で錦糸卵を作る。ボウルにBをしっかりと混ぜ合わせる。フライパンを中火で熱し、サラダ油を全体にキッチンペーパーでなじませる。フライパンがしっかり熱くなったら、Bの1/3~1/2量を全体に薄く流し入れる。ふちが乾いてきたら裏返し、裏面もサッと焼いてキッチンペーパーの上に取り出す。卵液がなくなるまで同じように焼き、粗熱をとる。細長い4等分に切り、切った卵を重ねてなるべく細い細切りにする。

4

サーモン、鯛は1cm角に切り、ボウルに入れ、Cを加えて軽くもみ込む。うなぎのかば焼きは耐熱皿にのせて酒をふり、ふんわりとラップをかけて電子レンジで1分ほど加熱する。粗熱をとり、小さめの一口大に切る。

5

Aを混ぜ合わせて寿司酢を作る。熱々のごはんをボウルに入れ、Aを2回に分けて回し入れ、そのつどしゃもじで切るように混ぜ合わせる。粗熱をとり、食べる直前にいりごまを加えて混ぜる。

6

器に5の酢飯を盛り、3の錦糸卵をちらし、その上にほかの具を彩りよく盛り合わせる。色の鮮やかなえび、絹さやを最後に盛るときれいに仕上がる。

おいしさのポイント

えびは殻付きのまま茹でると、うまみが逃げず、色も鮮やかに!

余分な油をふき取ってから卵液を流し、油っぽくなるのを防ぐ!

寿司酢は熱々のごはんに回し入れることで、味がしっかりなじむ!

ごちそうフォト本格!彩りばらちらし

ごちそうフォト一覧へ(1件)

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。