アプリダウンロード

番屋鮭鍋

  • 239 kcal
  • 25 分
  • 初級

新潟県長岡市に伝わる番屋鍋は、漁師が捕れた魚を豪快にさばいて作る日常鍋。今回は、のっぺい汁の要素をもりこんで丁寧に仕上げます。

材料番屋鮭鍋4人分

  • 生鮭4 切れ (あるいは甘塩鮭)
  • いくら80 g
  • さといも4 個
  • にんじん1/2 本
  • 大根10 cm
  • ぶなしめじ1 パック
  • こんにゃく1/2 枚
  • ぎんなん10 粒
  • わけぎ(長ネギでも可) 適量
  • 昆布だし1000 ml
  • 薄口しょうゆ30 ml
  • 日本酒50 ml

作り方番屋鮭鍋

1

【下準備】鮭の切り身は、2〜3に切り分け、振り塩をしておく(甘塩鮭の場合は、振り塩はしない)。里芋は皮をむいて2㎝の角切りにし、塩をふって軽くもんで洗い、ぬめりをとっておく。にんじんは、2㎝の角切りにする。大根は、2㎝の角切りにする。ぶなしめじは、小房にほぐす。わけぎ(長ネギでも可)は小口切りにする。こんにゃくは、2㎝の角切りにして塩でもみ、熱湯で3~5分下茹でしておく。昆布だしをとっておく。

2

銀杏の殻をむく。小鍋に少量の湯を沸かして(銀杏がかぶるぐらい)銀杏を入れ、お玉などで押し付けるようにして、転がしながら薄皮をむく。

3

鍋に昆布だしを沸かし、鮭を入れる。霜降りになったら、水にとってザルに上げておく。

4

アクをとり、里芋、にんじん、こんにゃく、大根を入れる。再び沸いてきたら、アクをすくい、弱火にして煮る。

5

具材が柔らかくなったら、薄口しょうゆ、日本酒を入れ、ぶなしめじと3の鮭を戻して一煮立ちさせる。仕上げに銀杏といくらを加え、わけぎを散らして出来上がり。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。