アプリダウンロード

あごだし具雑煮鍋

  • 440 kcal
  • 20 分
  • 中級

長崎県平戸の名産「あごだし」を使った鍋。あごだしのあごとはトビウオの別名で、くせのない上品な出汁がとれます。今回は、沢山の具材を入れ、島原の郷土料理、具雑煮に仕立てます。

材料あごだし具雑煮鍋4人分

  • 鶏もも肉200 g
  • 焼き穴子2 枚 (白焼き)
  • かまぼこ5 cm
  • 丸もち5 個
  • [A]さといも2 個
  • [A]大根10 cm
  • [A]ごぼう12 cm
  • [A]にんじん1/2 本
  • [A]しいたけ3 枚
  • 水菜1/2 把
  • [B]水1000 ml
  • [B]昆布10 cm角
  • [B]焼きあご5 尾
  • 太白ごま油大さじ 1
  • 薄口しょうゆ30 ml
  • 日本酒50 ml

作り方あごだし具雑煮鍋

1

【下準備】鶏もも肉は、一口大に切る。焼穴子は、3cmの長さに切る。かまぼこは、7mmの厚さに切る。里芋は一口大に切り、塩をふって軽くもんで洗い、ぬめりをとっておく。大根は、薄めの半月切りにする。ごぼうは3cmの長さに切り、二つ割りにする。にんじんは、輪切りにして梅型の型で抜いておく。椎茸は、半分に切る。水菜は、10cmの長さに切る。Bでアゴだしをとっておく。水に昆布、焼きアゴを3時間浸してから、弱火でゆっくり火にかけ、だしをとる。アゴと昆布は引き上げる。市販のアゴだしの素を使っても良い。

2

鍋に太白胡麻油をひいて火にかけ、鶏もも肉を炒める。鶏肉の表面が白っぽくなったら火を止め、アゴだしを張る。

3

沸いてきたらAを入れて一煮立ちさせる。あくをとり、丸もちを入れてさらに煮る(すぐに煮えるもちの場合は4で入れる)。具材が煮えてきたら、日本酒、薄口醤油を入れて味を整える。

4

かまぼこ、焼穴子、水菜を加え、一煮立ちしたら出来上がり。

料理をしながら使いやすいゼクシィキッチンアプリ!

料理中に使える便利な機能がたくさん!いつでも探しやすいアプリでお気に入りのレシピがきっと見つかる!

QRコードでアプリ(無料)をダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
  • App Storeでダウンロード

閉じる

プレミアム会員が
今なら7日間無料!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

無料会員登録で
便利な機能が使える!

こちらの機能は、無料会員登録をするとご利用いただけます。ご登録にはリクルートIDが必要となります。

閉じる

プレミアム会員で
もっと楽しく!

こちらをご利用になるには、プレミアム会員登録が必要です。プレミアム会員を初めて登録される方は、7日間無料でお試しいただけます。